--  学習の進め方  --                                                                                                                                                    学友舎高崎(学友舎 lab)
































































































 英語で、教科書のページを暗唱させ
 て、再生スピードを競わせる指導方
 法がありますが、
 形成される心の中のモデルと学習方
 略が、前のフェーズに退行して、つ
 まずきの原因になります。

 算数・数学でも、問題練習により問
 題解決のスピードは速くなります。
 しかし、スピードそのものを目的に
 すると、このフェーズで大切な、手
 順を意識して追うプロセスが省略さ
 れてしまいます。





















個体発生と系統発生は同じではありませんが、似たようなことが学習心理学でも話題になっています。




















蔭山メソッド・公文式・論理エンジンOS1・OS2に種本があるとしたら、アメリカやカナダで商業化されていた『精密授業』precision teaching でしょうか?
Precision teaching (wiki pedia)
Precision Teaching-What is it?
                     (moray.gov.uk)
Google 翻訳で訳して目を通すと、日本では紹介されない心理学にもふれた説明があり、参考になります。











一斉授業を聞くことを含めて、そもそも『アクティブ』でない学習ってあるのでしょうか。

サブリミナルプライミングと学習が話題になりますが、その効果は、被験者の『その時の活動と行為の目的⇔手段構造と動機』に左右されます。

随伴学習や偶発学習も、実験状況で、『課題の目的と手段に関連した有効なシグナル』が記憶されていました。


アクティブラーニングとは、学習を進める中で、『動機づけ、目的と行為の操作や手順』を工夫することでしょうか。
  テストと学習方法の色分け



   テスト問題と学習方法の5タイプ


テスト問題の作成パターンと対応する学習方法を、5つに分けてイメージしてみました。( おもに中学生について )
アクティブな学習方法とは何か、大まかに考察するために単純化しました。

実際は、小・中・高それぞれで、内容を変えて、@からCのタイプが繰り返されます。(典型的サイクル図)

新しい内容を学習する場面では、個体発生が系統発生を繰り返すように、それぞれのパターンの問題を、順を追って練習します。

各パターンの学習を、より能動的に進める工夫がアクティブラーニングです。


----------------------------------------------------------


    @新しい単元の用語や計算規則を理解
しているか、一つ一つ確かめる問題



公文式・蔭山メソッドの標準問題がこ
れでしょうか。論理エンジンOS1・2

もこのタイプです。学校ワークとドリ
ルの基本問題も。


学習の初めでは大切です。このスピー
ドばかり競うと、次のフェーズに移れ
なくなり、学力停滞します。
学校ワークが指定される以前、学校の先生は、問題を自作して練習することをすすめました。ノートにまとめることは、アクティブラーニングの一環として指導されていますが、学校ワークがありますから、自作問題は指導されないようです。

学校ワークは手間をはぶきましたが、アクティブに自作することが省略される分、応用力と定着度は劣ります。


このタイプの問題練習でも、学校や塾で指導者とクラスメートがいると、刺激されてよりアクティブになります。


----------------------------------------------------------



   


    25 年位前から高校数学教科書に
    載っていた、ブログラミング言語
    BASICの用語にたとえると、
    『プログラムモード』でしょうか。

    ひとつ前のフェーズは『ダイレク
    トモード』のイメージです。
A新しく学んだ用語や手順を、継時的
に組み合わせて考える問題



伝統的な板書・一斉授業の説明とドリ
ル学習でしょうか。


公文式・蔭山メソッドの発展問題、自
学自習教材もこのタイプです。


学習の初期には欠かせません。
たとえば、算数・数学では、計算と推
論の流れを書くことが、次の「書かな
くても考えられる」フェーズでの到達
度を左右します。



私立中学入試の難問のような、古いタ
イプの『B問題』は、手順セットのチ
ャンクを増やしてあります。
   



ほかの人に手順を説明したり、誰かを目の前に思い浮かべて語りかけると、よりアクティブになります。次のフェーズへの足がかりにもなります。

身ぶりと手ぶり(ジェスチャー)を使って、考えている内容と問題解決の流れをイメ
ージすると、理解が進みます。


基礎的な繰り返し練習の後は、『誤りに気付く練習』が効果てきめんです。時間は少しかかりますが、月単位の長い目で見れば、早く習得できます。


----------------------------------------------------------


                     


    テレビでときたま『ゲシュタルト
    崩壊』が話題になります。その逆
    が起こるイメージです。

    過去問パターンの反復練習による、
    手順の「習熟」ではなくて、「こ
    れからの世界で役に立つ力」とか
    言われています。
B単元の内容を、ひとまとまりのアイ
デアとして思い浮かべて考える問題



テストや問題集の標準問題、A問題が
このタイプでしょうか。


単元の内容を、標準的な文章題で、手
順を追って練習する中で、全体的なま
とまりとして気づきます。


標準問題の内容は、意外と、ゆとり教
育以前と変わりません。塾や通信教育
のセールスポイント、過去問のパター
ン練習は、ひとまず効果はあります。


                 
試験問題は今までとほぼ同じですが、
より融通
(ゆうずう)のきく学力に変える
工夫が、アクティブラーニングです。

( 文部科学省『確かな学力』)        


一つ前の学習フェーズ A は、問題解決の手順になれることでした。このフェーズでは、過去問などのパターンを練習する中で、単元や分野の頭の中のモデルを、応用のきくアイデアに編みなおします。


それには、試行錯誤して工夫したり、問題解決と学習の経過をふりかえって分析して、教訓を言葉とイメージで表現すること(メタ認知)が欠かせません。
アイデアは、一人一人の生活史と学習歴がささえますから、個性的になります。


----------------------------------------------------------


           


    ワーキングメモリーのキャパシテ
    ィに年齢的限界がありますので、
    中学の定期テストと高校入試の発
    展問題はこのタイプです。
    
    次のタイプにすると遅生まれの人
    が有利になり、何をはかるテスト
    か妙なことになります。
C二つの単元や異なる教科の内容を重
ね合わせたり、二つの意見を比較して
考える問題



最近の発展問題、B問題です。『新傾
向』と言われますが、ゆとり教育以前
の公立高校入試問題と変わりません。


違いは、テストの平均点が50点台に
なるように、限られた時間で解く、問
題数が増やされたことです。

                 
二つの単元や分野の内容を組み合わせ
ています。

社会科には、複数の教科(歴史・地理・
公民)の内容を組み合わせた総合問題が
あります。



単元と分野の組み合わせは色々です。
過去問の練習に工夫が必要です。



 群馬県高校入試2020、数学ではこんな問題です


このタイプの問題の練習の仕方は、学年にあわせて変える必要があります。同じ問題でも、練習の仕方を各学年の思考力にあわせます。


中学1年生と2年生は、フェーズ2の練習方法を取り入れて、手順の流れとして理解します。(1年生と2年生に入試発展問題の全体的把握は酷です。)


3年生は、アイデアを組み合わせて全体を把握する練習へ移ります。問題を解く中で、組み合わせを、能動的に試行錯誤できるように、ヒントと説明を工夫します。


学校の授業では、生活場面とむすびつけて考察したり、クラスメートの考えを検討して、二つのアイデアを組み合わせて考える、きっかけとします。


----------------------------------------------------------




    ウェクスラー検査の代わりに出題
    されてきました。
    最近は、問題数を増やしてスクリ
    ーニングするのが主流です。

    その分野が特に得意な人向けの問
    題です。通常このタイプで学習す
    ると理解と学力は下がります。
D三つの単元や教科の内容を重ね合わ
せたり、三つの意見を比較する問題


難関私立中学と難関私立高校の入試問
題がこのタイプです。難関大学の入試
問題にも含まれます。

B問題の難問や『最高水準問題』がこ
れです。

例外的な集団を選別するための問題で
す。
各年齢のワーキングメモリーの通
常のキャパシティーを超えます



公立高前期試験の自校作成問題に見ら
れます。後期試験と定期テストに出題
されることは稀です。

高崎高校などの受験やセンター試験で
も、このタイプの問題練習は必要あり
ません。

過去に、このタイプの問題集を、一部の生徒さんに使用したことがあります。私も若かったですので、『難しいことをさせれば学力が伸びる』と誤解して、失敗しました。


 その問題をいくつか別のページに載せました



----------------------------------------------------------


 次項 テストは変わったのか? へ







 ≪ back ホームページトップへ戻る     ≪ back  中学生コース ご案内へ
   ≪ back 授業全般・教材記事一覧