--  お知らせ2020 --



【 オンライン授業の改善点と授業料について 】    2020年5月30日  6月7日更新

学友舎の通常授業は、黒板への板書形式ではなく、家庭教師に質問しながら学習する仕方と同様です。
オンライン授業も、質問と応答(ヒントと説明)のやり取りです。


初めてホームページをご覧の方は、学習の進め方に解説がありますので、そちらもご覧ください。


【 改善点 】

@オンライン・ホワイトボードへの書き込みに、ペンマウスを使用していました
 が、ペンタブレットに変更しました。

 OneNoteへの書き込みは筆圧効果が有効になります。



A説明書き接写用のウェブカメラを、マニュアルフォーカスにしました。

 以前よりかなりはっきりうつります。ディスプレー周辺部が多少丸くゆがみま
 すが、説明に使用する範囲は読み取りやすくなりました。

 リアルタイムの説明が必要な時に、ズーム・ホワイトボードと組み合わせて使
 用します。



Bヘッドセットを導入しました。

 業務用の使用に耐えるマイクがついています。以前とは比べ物にならないくら
 いはっきりと、音声を伝えられます。



CZoom利用に際しての技術的な改善点

 双方向の書き込みにOneNoteを利用してきました。互いの書き込みを同期し
 て相手方に表示するまでに、タイムラグがありました。
 画面共有でOneNoteをうつして書き込むと、タイムラグなしに相手側に表示
 されます。
 生徒さんの方からも、画面共有できるように設定してあります。



Dレンタルサーバー上のデータベースに、写真や画像を多用したページを掲載す
 る計画が、コロナ騒動のため中断していました。
 そちらも準備を少しずつ再開しました。お知らせだけでなく、今までJimdoに
 作成していた、参考教材のページがありますが、レンタルサーバーにも載せる
 予定です。



【 メールでの質問にくわえて、ズームによる質問を ご利用いただけます 】

今まで、メールで質問に答えるサービスをしてきました。これにくわえて、スマホやタブレット等を利用した、ズームによるオンライン対応を始めました。
(引き続きメール質問はご利用いただけます)


週当たり2回以上出席(オンライン出席を含めて)されている方向けのサービスとして始めます。


週当たり3回出席(オンライン出席を含めて)されている方は、質問数は制限なし。

週当たり2回出席(オンライン出席を含めて)されている方は、質問数はとりあえず1日2つまで。
後は実情に応じて、オンライン出席とは区別できるようにします。



難しいところですが、オンライン出席は、時間内常時待機、学友舎側はズームのミーティングルームを開いておきます。

質問サービスは、事前にメールか電話でご連絡を受けて接続、として、オンライン出席と質問サービスを区別します。



タブレット・ノートパソコンの場合は、学友舎で学友舎のLANに接続して、一度練習します。Zoom接続に必要なアプリ(無料)もその場でダウンロードします。
スマホの場合も学友舎で練習できます。

ズームを利用するためのアドレス等を、該当の方にはメールでお知らせします。



【 通常出席とオンライン出席の授業料について 】

新コロナウイルスの件が今後どうなるか不明なことと、オンライン出席と通常出席を、融通をきかせて、組み合わせてご利用していただけるように、授業料を統一します。


通常出席の授業料は、以前と変わりません。


オンライン出席の授業料は、塾で出席者を指導しながらになりますので、1回あたり通常授業と同じ時間まで可能として、授業料は通常出席の場合と同じにします。

なお、一対一のオンラインで1時間までの授業料は、学年に関係なく、1回あたり2000円とさせていただきます。
一対一で、1時間を超えて2時間半までの授業料は、通常の授業と同じです。


オンライン出席は、その時間帯に1名でも可能です。通常は、塾に出席者がいますが、その場合、オンラインと通常出席を含めて4名までとします。




            ≪ back  お知らせ へ