--  月謝・費用--  

 入会金 8,000
 お二人目からは必要ありません。

 7月20日から8月20日の間は、入
 会金サービスキャンペーン期間です。
 夏期講習として追加出席を、ぜひ、ご
 利用ください。

--------------------------------

 維持費
 前期分2,000
 後期分2,000

--------------------------------

 教材費
 年2,000から10,000前後
 学年・教科数により変わります。
 受験生は個別に受験用教材を追加し
 ます。

--------------------------------

中学生 群馬県GSC統一テスト
 1回3,700円 (県内同一料金)
          希望者のみ。

--------------------------------

 月謝は教科数や1日あたりのコマ数
 ではなくて、単純明瞭に、週あたり
 の日数で決まります。


 公文や学研など大手フランチャイズ
 塾と比較して、同じ費用でよりたく
 さん学習していただけます。

--------------------------------

特典
 お友達の生徒さんまたはお知
 り合いの保護者の方に、学友
 舎を紹介してくださり入会さ
 れると、次の特典をご利用い
 ただけます。
  (紹介者の方)

  図書カードをプレゼント











私立中学受験対策は、東京や埼玉の難関校の場合です。県内では中央中等。
学校の授業内容に沿って、発展問題をする場合は、通常の月謝です。
月謝・費用        消費税はかかりません。


1日の時間
学習教科数めやす
週 1 日
(1〜2教科)
週 2 日
(3〜5教科)
     週 3 日
     (4〜5教科)
 小学校1〜4年生 60分〜90 7,000 12,000 15,000
小学校5〜6年生 〜90 8,000 13,000 16,000
私立中学受験対策 90〜120 10,000 17,000 23,000
中学校 1 年生 90〜150
9,000
15,000 22,000
中学校 2 年生 90〜150 10,000 16,000 23,000
中学校 3 年生 120〜150 11,000 17,000 24,000
  高校生   120〜150 12,000 18,000 25,000
社会人・その他 90〜150 内容学年相当 内容学年相当 内容学年相当


中学生の週1回につきましてはお問い合わせください現在の学力により学習できる教科数が変わります。5教科の評定がほとんど5のような生徒さん以外は、1教科が限度のことが多くなります。


【1日の時間と教科数】

 毎回、表に示された時間帯(1日の時間)を用意します。その時間内で、その
 日の体調や学校行事等に合わせて、時間は融通をきかせてご利用ください。
 小学生は、週1回の時間を月謝はそのまま週2回に分けることもできます。

 1日に学習できる教科数は、一人一人の目標と当面の学力によりことなりま
 す。

 小学生の方は塾等の指導を受けないで学校のテストで80点がなかなか難し
 い時は、週1日の場合、1教科になることがあります。
 自習だけで80点から90点を取っているときは、複数教科を、学校の課題も含
 めて、臨機応変に進められます。

 中学生の方は学校の授業ペースに合わせて練習を進めると、週1日の出席
 場合、通常1教科で時間的にていっぱいになります。
 複数教科の学習をご希望の際は週2日からを基本にしています。
 
 学力が高く、塾ではもっぱら家庭学習で生じた疑問点の質問をする利用方法
 の場合、週1日で複数教科を学習することもできます。


 小学生の私立中学・公立一貫校対策にはより時間がかかります。教科を複数
 受講される際は、週2回の受講が必要になります。私立中学・公立一貫校を
 志望される方は、その件も含めてご検討ください。

 上の表の教科数のめやすは、カッコ内の左側が苦手科目、右側が特に苦手で
 はない科目についてです。
 学友舎での授業時間内に、確実に、基礎から応用問題までの学習をご希望の
 際は、カッコ内の左側の教科数をめやすにしてください


【臨時追加出席の授業料】

 月4回を超える分の、追加出席1回あたりの授業料は、追加3回までは週2日の
 月謝の1/8です。  第5週も原則授業をするにあたってのお願い(リンク)

 月8回を超える分の、追加出席1回あたりの授業料は、追加3回までは週3日の
 月謝の1/12です。

 月12回を超える分の、追加出席1回あたりの授業料は、
  中学1,2年生は1回 1,500円です。
  中学3年生と高校生は1回 2,000円です。
    
   

【小学6年生の英語】

 週2回以上受講される小学生は、英語の通年・短時間の、中学英語・準備学
 習がサービスとして含まれます。内容はフォニクスから初めて、進み具合に
 より、中学1年範囲の、三単現の疑問文と否定文の活用までです。
 
 今まで実施した経験からは、進み方が速い方は三単現文まで、ゆっくりの方
 はフォニクスを一通りでした。いずれも中学校の授業では、学校の授業とい
 う制約上おこえない練習を個別にします。中学1年生でつまずくポイントを
 おさえられます。


 もちろん、英語なしで、その時間を他教科にあてることもできます。
 (週1回受講で算数に時間をとられる場合、英語はできないことがあります。)


 これとは別に、小学生で、英語学習は、1教科として選択していただけます。


【私立中学等の特別なカリキュラム】

私立中学等で、公立中学の教科書とは別の、先取り用の特別な教科書と問題集を使用する場合は、各私立中学の教材と指導内容に合わせます。

高校内容を先取りする場合は、高校生の授業料となります。



                                                                                                       
     back ホームページトップ へ